普段使いできるものをお願いするクリーニング店のご紹介

クリーニング店と一言で言っても、色々なお店があるからをご存知ですか?ワイシャツ一枚でも、100円代から600円以上のお店まであります。どんなお店を選んだらいいのだろう、どこのお店なら自分の希望に合ったクリーニングをしてくれるのだろう、と悩むこともありますね。

そこで、自分なりの決まりを作ってクリーニング店を選ぶことをお勧めします。

例えば、ワイシャツを洗うということだけでも、自分なりの決まりを作っておきます。ワイシャツなら、普段は家で洗って、季節の変わり目はちょっとお高めのクリーニング店にお願いする、というのもありです。

たとえワイシャツでも、家庭で洗わずに毎回クリーニング店にお願いするから、少しでも安いところにお願いする、というのもあります。

こういった家でも洗うことができるものに関しては、家での洗濯がどんなものかによっても違ってきます。1人暮らしのため、週に数回しか洗濯機を回さない、という人もいれば、大家族で毎日下着でもなんでも一度にたくさん洗う、という人もいます。まとめて洗っても、1人分なら大した量ではありませんので、自分でワイシャツを洗うというのもありですね。

しかし、大家族の洗濯物を洗う家では、ワイシャツも子どものジャージや下着、汚れた体操着などと一緒に洗ってしまうこともあります。最近は、ノーアイロンのワイシャツも増えてきましたが、大量の洗濯物と一緒に洗ってしまうと、どうしても他のものの汚れや色が、ワイシャツに写ってしまったり、しわがついてしまうこともあります。

これはワイシャツだけでなく、家でも洗えるブラウスやセーターも同じです。

そこで、マメに洗濯器を回す家庭なら良いのですが、そうでない家庭ならワイシャツやセーターといった普段使いのものでもクリーニング店にお願いする方が良い場合もあります。

しかし、それでも毎週1枚500円以上のクリーニングをお願いするのは、家計にとってはいたでです。

そこで、普段は安くお願いできるチェーン店のクリーニング店に、季節替わりだけ丁寧な作業がお願いできる個人のクリーニング店や、大手の白洋舎のようなクリーニング店にお願いする、という使い分け方もできます。

最近では、エマールやアクロンといった、洗濯器で洗える手洗い用洗剤も良くなっています。週に数回は、普通の洗濯物とは別に、ワイシャツやセーター洗濯器のを手洗いモードで洗うこともできます。そして、月に一回、季節の変わり目の衣替えの時に、良いクリーニング店にお願いするという方法もあります。

コートやジャケットのように、家では洗えないクリーニングに出すもの、と割り切れるものなら衣替えまで、ホコリを落とすだけで着続けます。しかし、普段使いをするものだけれど、普通の洗濯ができない、というのもの手入れは、こんな風に決まりを作って、クリーニング店を分けて利用すると便利です。

さらに、最近はネットで通販できるクリーニング店もあります。色々なお店が全国のお客様からクリーニングを受けていますが、ほとんどのお店が丁寧な作業をしてくれます。ちょっと高いクリーニング店に出すのはもったいないけれど、家での洗濯は不安、という場合は、こういったクリーニング店の利用も良いですよ。